全ては購入出来ない | ネットで売っている医薬品の適正価格の見極め方

ネットで購入する医薬品は安心出来るものなのか

すべての医薬品をネットで購入出来るのか

医薬品の種類とは?

私たちが普段使っている医薬品には大きく分けて二種類あります。
それは医療用医薬品と一般用医薬品です。
ネットで今購入できるのは一般用医薬品のみとなっています。
この一般用医薬品は副作用などといったリスクによって第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品と分類されます。
第1類医薬品が最も副作用のリスクが高く、逆に第3類医薬品がリスクが少ないものとなっています。
ネットで医薬品が購入できるようになったばかりの頃は、リスクの少ない第3類医薬品のみしかネットで購入することが出来ませんでした。
しかし今は第1類、第2類の医薬品もネットで簡単に購入できるようになりました。
ですが注意も必要です。
第1類医薬品もネットで購入できるのですが、劇薬、スイッチ直後品目と呼ばれるものはネットで購入することは出来ません。

医療用の医薬品

医療用の医薬品というのは一般的には病院で診察を受けた際に出される処方箋と呼ばれるものです。
これや薬剤師さんから直接指導を受けながら、調剤薬局でしか受け取ることは出来ません。
調剤薬局でしか受け取れないのには理由があります。
処方箋というのは患者さんがお医者さんに診察をしてもらって一人一人に合った薬を出してもらったものです。
強い効き目が期待できる分、強い副作用も起きる可能性があります。
正しい服用方法、副作用なども考慮した飲み合わせなどしっかりと理解することが大切です。
ここを誤ってしまうと最悪の場合、健康にも害を及ぼしてしまうことだってあります。
なのでそういった部分も理解してもらうために直接の指導が必要なのです。


この記事をシェアする